ico/arrow copy 3 Created with Sketch.
Current topics
ico/globe Created with Sketch.
ja
POSと広告
インタビュー
イントラロジスティック
これからのトピック
スタッフ
パートナーとの連携
プロセスの最適化
ベストプラクティス​
店舗構築・建築
薬剤の安全性
薬剤師
製品とサービス
Stroke 196@2x Created with Sketch.

分包するごとにお支払い

07.07.2021
-
Read time 3分
これからのトピック
ベストプラクティス​
薬剤の安全性
ico/chat copy 2 Created with Sketch.

患者さん用一包化の参入のハードルを下げる

患者さんをはじめお客様に先進的なサービスを提供する一包化は、薬局、病院、ブリスターセンターの事業拡大の大きな可能性を秘めています。この新しい技術への投資には、ハードウェアとセットアップへの投資が必要となるため、個々の一包化による服薬遵守率と利便性の向上を高く評価していても、投資収益率について確信が持てないため、投資をためらうこともあるでしょう。

使用した分だけ支払うビジネスモデル

IIoT(Industrial Internet-of-Things)の普及は、いわゆる「従量制サービス」や「従量制ビジネスモデル」に追い風となっています。使用量に応じて支払うモデルは、ソフトウェアのライセンスでは一般的なもので、予測ではなく必要に応じてビジネスを適応させることができ、過剰なプロビジョニングや容量不足のリスクを減らすことができます。一般的な従量課金モデルでは、産業用機器のユーザーは製品を購入したり、所有したりしません。その代わり、使用状況に応じて料金を支払います。料金は明確に示された消費量や出力などの指標に従って判断されます。この方法では、運用リスクがメーカーに移行します。たとえば、印刷機メーカーが、印刷されたページ数に応じて印刷機の使用料を請求するという例があります。

経営コンサルティング会社のオリバー・ワイマンが行ったこの価格設定モデルの分析によると、使用量に応じた課金モデルは、革新的な機械を市場に投入する際に有効です。これは、顧客の参入ハードルを下げ、機器メーカーとユーザーの間で基本的に「利益分配」の合意がなされるからです。

ico/Later Copy 2 Created with Sketch.

Read also

多剤併用者のリスクを低減する
一包化包装のあり方

07.07.2021
-
Read time 3分

一包化包装の場合:

一包化包装の場合、分包機を購入するのではなく、機器メーカーが無料で提供することになります。分包センターや薬局、病院などがその技術を利用した場合、製造された分包に対して一定の料金を支払います。

つまり、最初に大きな投資をする必要がなく、すぐに生産を開始でき、患者が一包化の利点を享受できるのです。セットアップ、トレーニング、サービス、ライセンスを含むハードウェアは、製造されたすべての分包の料金によって支払われます。

このシナリオの利点は明らかです。投資リスクが低く、実績に対してのみ支払いを行い、高いコスト効率を実現します。このモデルを導入した事業主は、最初に販売した一包化で収益を得ることができます。

 

※海外の情報を掲載しています。すべての内容が、日本にあてはまるものではありません。

これからのトピック
ベストプラクティス​
薬剤の安全性

You might also be interested in

2021年、ロボット技術で実現されること

26.11.2020
-
Read time 5分

2020年は誰にとってもビジネスの展望が変化した年でした。スピード、柔軟性、そして創意工夫が試され、その過程で重要な教訓が得られました。その教訓が、より良い2021年に向けて準備する際に、重要な示唆を与えてくれます。

プロセスの最適化
ベストプラクティス​
薬剤師

負担はロボットに任せる

26.11.2020
-
Read time 5分

薬剤師にとって、効率性、正確性、安全性、顧客サービス水準の維持は、今年の例外的な状況では極めて困難な課題でした。他の多くのビジネスと同様に、薬局のあり方も再考を余儀なくされ、処方薬や市販薬の圧倒的な需要に対応するために新しいプロセスやワークフローが導入されました。医療も逼迫するなかで、ますます多くの患者さんが、軽度の病気や家族計画、COVID-19検査、インフルエンザの予防接種などで直接薬局を訪れるようになっています。

プロセスの最適化
ベストプラクティス​
薬剤師

薬局でのセルフレジ・サービス - 15秒で決済

08.09.2020
-
Read time 2分

薬局でも電子決済の重要性が高まっています。「非接触型」や「ApplePay」などの新しい技術により、少額(非常に少額であっても)の支払いにカードを使うことへの抵抗感が薄れています。IkeaやEdeka(ドイツの大手スーパーマーケット)など消費財を扱う店での導入がうまくいったことで、セルフレジはおおむね受け入れられています。薬局とこうした店の客層は同じで、良い買い物をしたいという願望は普遍的なものです。

これからのトピック
ベストプラクティス​
製品とサービス
Current topics

Bookmarked

Article name lorem ipsum dolor sit amet

You would like to know more?

Contact us

Stroke 196@2x Created with Sketch.

Thank you for your request. We will contact you as soon as possible.

ico/arrow copy Created with Sketch.

Subscribe our newsletter

Do not miss any news.

I want to receive news regarding following topics:

Stroke 196@2x Created with Sketch.

Thank you. Please confirm your subscription by clicking the respective link in the email we just sent you.

ico/arrow copy Created with Sketch.

Bookmarks

You have 0 articles

ico/arrow copy Created with Sketch.

このウェブサイトはクッキーを使用しています。

クッキーは私達が私達のウェブサイトの経験を改善することを可能にします。
当社のウェブサイトにアクセスすることにより、Cookieの使用に同意したことになります。

プライバシ