ico/arrow copy 3 Created with Sketch.
Current topics
ico/globe Created with Sketch.
ja
POSと広告
インタビュー
イントラロジスティック
これからのトピック
スタッフ
パートナーとの連携
プロセスの最適化
ベストプラクティス​
店舗構築・建築
薬剤の安全性
薬剤師
製品とサービス
Stroke 196@2x Created with Sketch.
Caregiver talking with older woman

慢性疾患患者さんに喜ばれる一包化包装

22.01.2020
-
Read time 2分
インタビュー
これからのトピック
薬剤の安全性
ico/chat copy 2 Created with Sketch.

個人のニーズに合わせた一包化包装が日常の投薬にもたらす長期的な効果

これまでのところ、ヨーロッパでも一包化包装で個別化した薬を受け取っている慢性疾患患者さんはごく少数です。薬の安全性に加えて、患者さんの利便性も、ニーズに合わせた薬剤一包化の重要な論拠となっています。バーゼル大学で患者を対象に実施した調査では、「毎日違う時間に違う薬を服用し、厳格な投薬スケジュールに従わなければならない」2名の患者さんに、一包化包装で薬を受け取ってきた経験について尋ねました。その結果、患者さんから、薬を一包化包装で受け取ることの大きなメリットが語られました。

取り違えや服用ミスがない

8種類の薬を飲まなければならない患者さんは、「一包化包装があれば責任を自分で引き受けなくてもよくなります」と答えています。「以前は、薬を用意するのにとても時間がかかり、緊張したものです。一包化包装があることは贅沢なことです。取り違えも服用ミスもありません」 この患者さんは、最初は疑って一包化された包装をチェックしたそうですが、不具合は見つからなかったとのこと。今ではこの技術を信頼しており、自由で安全な生活ができることを喜んでいます(お孫さんとの時間が増え、お孫さんにとって安全であることも)。

安全性の向上、服用ミスの低減、快適性の向上

高齢者ホームに入居している別の患者さんは、薬を適切なタイミングで定期的に飲むことができるのは、一包化包装があってこそだと報告しています。「一包化包装を使い始めてからは、以前よりも自由です。安心して甘えています。より安全で、効率的です」

一包化包装のメリットは、患者さんの視点から見ると、デメリットを大幅に上回るものです。安全性が高く、服用ミスのリスクが低く、快適で、病気であることを感じさせないほどです。薬を飲むことが、ごく簡単な生活の一部になるのです。

アンケート調査について

この調査は、バーゼル大学のPD Dr. Isabelle Arnetによって行われました。2019年11月に2名の患者さんにインタビューを行いました。

 

※海外の情報を掲載しています。すべての内容が、日本にあてはまるものではありません。

インタビュー
これからのトピック
薬剤の安全性

You might also be interested in

医薬品卸のFMD規制

19.07.2019
-
Read time 3分

2019年2月9日に発効するFMD規制によって、特に医薬品卸にどのような要件が導入されるのでしょうか?GEHE Pharma Handel社のプロジェクトマネージャー・ロジスティクスのGuido Lübeck氏は、GEHE社がこのテーマにどのように対処しているかを報告してくれました。

インタビュー
イントラロジスティック
パートナーとの連携
ベストプラクティス​
薬剤の安全性

すべてがスムーズですか?—
集中チームトレーニングによる
薬局ワークフローの改善

15.07.2019
-
Read time 3分

ドイツのブレーメンにあるクアフュルステン薬局では、もう長い間オーダーピッキングシステムを使用しています。今回、新入社員に直接、専門的なトレーニングを行うために、最適化監査を実施しました。集中トレーニングセッションにより、明確な構造を確立し、新しいスタッフを効率的にチームに統合することができるようになりました。

インタビュー
スタッフ
ベストプラクティス​
薬剤師
製品とサービス

securPharmの薬局での実践

19.02.2019
-
Read time 3分

securPharmは、現在、大きな話題となっています。新しい規制は薬局のプロセスにどのような影響を与えるのでしょうか?また、薬局はそのような要求に対応できるのでしょうか?このシステムは薬局にどのような利点をもたらすのでしょうか?今回は、Christian Gerninghaus博士にお話を伺いました。ドイツのヘッセン州で奥様と一緒に3店舗の薬局を経営しておられるGerninghaus博士は、2月9日のことを冷静に受け止めています。

インタビュー
プロセスの最適化
ベストプラクティス​
薬剤の安全性
薬剤師
Current topics

Bookmarked

Article name lorem ipsum dolor sit amet

You would like to know more?

Contact us

Stroke 196@2x Created with Sketch.

Thank you for your request. We will contact you as soon as possible.

ico/arrow copy Created with Sketch.

Subscribe our newsletter

Do not miss any news.

I want to receive news regarding following topics:

Stroke 196@2x Created with Sketch.

Thank you. Please confirm your subscription by clicking the respective link in the email we just sent you.

ico/arrow copy Created with Sketch.

Bookmarks

You have 0 articles

ico/arrow copy Created with Sketch.

このウェブサイトはクッキーを使用しています。

クッキーは私達が私達のウェブサイトの経験を改善することを可能にします。
当社のウェブサイトにアクセスすることにより、Cookieの使用に同意したことになります。

プライバシ